杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

iPadとは一体何なのか?

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iOSへ
にほんブログ村

 iPadという名のAppleタブレット端末。

 私も過去4台のiPadを使ってきましたが、そもそもこのデバイスは一体何なのか? と近頃改めて考えさせられることがあり、この記事を書きました。

 

 思いつくまま並べてみましたが、こういう点を中心に綴ってみたいと思います。

f:id:sanseidow21:20191012204935p:plain

iPadは本当に便利なのか

 いわずとしれたタブレット端末の一つで、タッチパネルによる指でのタップ、スワイプ、ピンチ、ズームなどのジェスチャーでOSやアプリなどを操作できますよね。

 余談ながら、初代が登場したのは、2010年1月だったそうですが、この時はまだカメラは搭載されていませんでした。その後歴代モデルの発表の度に進化してきた歴史があります。

 ネットのブラウジング、メール、YouTubeNETFLIX等の動画の視聴、fbやLINE TwiterなどのSNSの使用、ブログの執筆、Officアプリなどの使用も可能なので、一見すると何でも出来る簡便なデバイスという印象が強いと思います。

  確かに便利といえば便利ですが、何でも出来るというのは嘘が混じっています。

 とりあえず、一般的にはiPhoneユーザーが、画面のでかい端末が欲しくなって入手すればその欲求は満たされることは事実です。

 でも基本的に、iPhoneと出来ることや操作感はそんなに変わりません(単独では電話回線による通話は出来ませんが…)。

 で、見出しの結論ですが、たしかに便利だが制限がある、と言っておきます。

パソコンの代わりになるのか

 話がそれるようですが、私は現在Macを2台、WIndowsを1台、Chromebookを1台使っています。そして少なくとも、2019年5月までは、iPad Pro 10.5インチをキーボードとペンのセットで使っていました。

 その経験で言うならば「ある程度代わりにはなっても、どこまで行っても代替機にはなり得ない」ということです。

 まあまあの線まではいくのですが、やはり微に入り細を穿つような仕事になると、iPadではお手上げになることが多く、変にこだわって使っているとイライラさせられて、結局MacWindowsを起動しなくてはならなくなり「これなら最初からPCでやっとけば良かった」という結末になることが多いのです。

 それが自宅なら良いですが、出先でiPadしか持っていなかったら仕事が完遂せず最悪の結果になります。事実その経験が私には何度かあります。

  Appleは、最近ではiPadの位置付けとして「ポータブルコンピュータ」と言っていますので、今秋のiPad OSの発表後は、ある程度進化を遂げてPCに近付くのではないかと推察できますが、でも近づきすぎるとMacが売れなくなるので、どう考えても同心円的には一緒にならないものと思います。

買って割に合うのか

 これは単純に値段の話にもなります。

 今秋(2019年)、iPadシリーズは新製品の発表を控えていますが、現在では以下のようなラインナップになっています。 

f:id:sanseidow21:20191017145229p:plain

※2019年8月現在


 各機種とも、WiFiモデルでストレージ容量は最小のものを選んでいます。を覗いて、全機種Apple pencil(第1世代・第2世代の別あり)対応です。なお価格はすべて税抜です。

  この中で買って割に合うのは、ぎりぎり最安モデルのいわゆる無印iPad 9.7インチくらいでしょう。

 いくらApple pencilが使えるからと言って、もっと言えば、それだけが取り柄で、あとは何をさせてもPCに比べて中途半端なものだからです。

 iPad Pro 2機種にいたっては、もはや話にならない値段なので論外ですが、当然買うと割に合いません。それは断言できます。

iPhoneと何が違うのか?

 簡単です。

 まず画面の大きさが違います。

 そしてApple pencilが使えます。

 単独では電話回線による通話はできません。

 大きく言えばそれくらいです。大同小異です。大した違いではありません。

iPadの立ち位置とは

 iPhoneMacの中間的存在。間を埋めてくれる存在。

 当初私は勝手にそう思い込んで、昔は安かったせいもあり手軽に導入しました。

 でも4台のiPadを使ってきて今は思います。

 間を埋めてくれるような存在では決してない。極論すれば、Apple pencilが使えるiPhoneのデカイ版。現時点では同じiOSですからこれも当然といえば当然ですが、立ち位置としては完全にiPhone側に偏っています。

 今秋のiPad OSの登場でそれがどう変わるか、楽しみではあります。

結論

 だから高額なiPadを買ってはいけません。元が取れません。

 イラストや漫画などを日常的に描いたり、iPadでの手書きメモをしょっちゅう取る、あるいは最重要視する人でなければ、高いiPad買ってはいけないものだと思います。

 そうでもない人は、最安のモデルをお勧めします。

[rakuten:onhome:10034081:detail]

Apple pencil・主に手書きメモのこと

 私もApple pencilが使えるようになったことで、電子版の手書きメモの可能性を感じて、GoodNotes 4や5などのアプリを使って、色々メモを取ってみた時期があります。

 で、思いましたが、紙のノートに書くのと比べて、別段便利だとは思えませんでした。むしろ最後は煩わしささえ覚えました。

 というのも一覧性は紙にはどうしても劣りますし、また物理的軽さもそうです。書いたメモなり原稿を確認するため、重いiPadを取り出して、アプリを起動し、ノートを選んで開かなくてはなりません。電池が切れていたら最悪です。これは紙のノートに比べて到底簡便とは言えないでしょう。

 そして電子化したところで、だたの手書き曲線のデーターに継ぎませんので、PCには文字の意味も分からず、検索とかの使い回しが効きません。PDF化して、Evernoteとかにぶち込んで代表的なワードをタグ付けしておけば、ある程度は検索も効きますが、それも二度手間的、面倒臭い作業です。

 大量に手書きで原稿を書くような人(余りいないと思いますが)なら別ですが、一般的には、急ぐ場合には適当な紙にサッとメモって、それが残さなければならないようなものであったら、それを元にEvernoteなり、Goole keepなりに入力した方が、使い回しも効いてずっと上だと思います。

 つまりApple pencilは、イラストや漫画などの絵を描く人達こそが、一番メリットを享受できるバイスだと思います。

キーボードをつけたばかりに起きるフラストレーション

 そして無印iPadの場合、Apple pencilはともかく、キーボード(純正品無し)サードパーティー製はむやみに買わない方が良いと思います。ちなみに私は何台も買って試して損をしました。

 たいていの他社製の画面カバーにもなるBluetooth接続キーボードの場合Escキーがありません(この点は純正も同じ)。その位置にはバカの一つ覚えのように役にも立たない、ホーム画面に戻るための専用キーが鎮座しています。

 繰り返しますが、Escキーが無いのは純正専用キーボードも同じです。これにはイライラさせられました。

f:id:sanseidow21:20191013233243p:plain

 なぜMacWindowsChromebookにはあるのに、iPad用にはEscキーが無いのか、理解に苦しみます。

 皮肉ではありませんが、Appleが「どんなコンピュータにも似ていないコンピュータ」とうたっているから無いのでしょうか?

 あと、これはiOSIMEとの問題ではあるのですが、caps lockが押されていると、打鍵しても、ずーっとアルファベットが出てきます。バカな私はこれが何故そうなるのかよく分からず理解するまでに3ヶ月を要しました。

 またChromebookのようにcaps lockが押されているよ、という警告も出ません。

 (Chromebookについて興味がある方は過去記事をお読み下さい)

 kousyumaki.hatenablog.com

 

 ただごく稀にescキーのあるものもありますので、それなら買っておいても良いと思います。

 そしてここからが本題ですが、外観からくる印象も手伝って、まるでノートPCになったような錯覚が起き、ともすればノートPC同然に扱おうとして「あれ? なんで出来ないんだ? なんでトラックパッドがないんだ? マウス使えないのかよ?」 という具合にストレスがおきてきます。

 これってつまならいことのように思えるかも知れませんが、画面とキーボードの行き来が頻発するのは実に面倒なもので、とくに長時間に及ぶと疲れてしまうのです。手元でなんでも操作できてしまうMacの方が絶対楽です。

 またショートカットキー(command+cの類)もMacのように完全ではありません。使えるものと使えないものがあり、これも大きいストレスになります。

カバーについて

 画面を守るための、ただのカバー(通称風呂蓋・スタンド兼用)も純正は高くてすぐ壊れるので駄目です。

 どうぜすぐマグネットバー部分が剥がれて使えなくなります(私は純正2枚がダメになりました。そしてエポキシ接着剤で修復しても不思議なことに全くくっつきません)。

 Amazon楽天とかでサードパーティー製の千数百円程度のものを買えばそれで十分だと思います。 例えば以下のものとか。 

余談ながら

 ここまで色々ディスっておいて、変な話かもしれませんが、実は、今秋発表になると噂の第7世代の無印iPadを、私はそれとなく待っています。

 でも価格が今のものより下がることを痛切に願いながらです(WindowsやAndoroidタブレットなら1万数千円程度からあります)。

 というのも、私はMacで作ったKeynoteのファイルをTVにミラーリングしてプレゼンする時に使うだけなので、出来るだけ、安くて軽くてかさばらないものが欲しいからです。もちろん今度はペンもキーボードも買いません。

 最後に、以下、特に高額なiPadを買わない方が良い人の条件です。

  • イラスト類は描かない。
  • 手書きメモも取らない。
  • でもApple pencilにはちょっと興味がある。

 という方は、Apple製品内では、iPadではなく迷わずMacを選んでください。後悔せずに済みます。

 またApple製品でなくても構わない人は、AndoroidやWindowsタブレットを検討された方が安くて良いと思います。

 おわり