杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

新型iPad(第7世代)発表! 旧型と何が違う?

 こんにちは杉本屋です。

 日本時間2019年9月11日午前2時から、カルフォルニア州クパチーノでApple秋の発表会が行われ幾つかの新製品が発表になりました。

 一日遅れですが、その中から今回は新しくなったiPadを、出来るだけ簡潔に分かり易く取り上げてみたいと思います。

f:id:sanseidow21:20190912094056j:plain

 では、旧(第6世代)iPadと何が違うのでしょう?
 

画面が少し大きくなった

 9.7インチから10.2インチへ大きくなりました。

 まあ、これはこれで良いことですけれど、でも、これにはデメリットも存在しています。10インチを越えてしまったので、MicroSoftOfficeが無料では動作しなくなりました。

SmartKeyboardが使える

 旧モデルでは使えなかった専用キーボードがスマートコネクタで接続し使えるようになりました。

f:id:sanseidow21:20190912095003p:plain

価格が下がった 

 旧モデルは、¥37800(税抜)〜でしたが、新モデルは¥34800(税抜)〜と、事実上の値下げが行われています。これは僅かな金額かも知れませんが、評価できることと筆者は思います。

 

後は別に列記すべきことは…ない

 見出しの通り、後は別段書くようなことはありません。

 CPU(A10 Fusion)を始め、ストレージも旧モデルと一緒です。

 True Toneディスプレイの搭載も見送られましたし、カメラ性能に関しても変更はありません。ペンシル対応は以前からです。

iPadOSについて

 これはハードのことではないので、ここでは詳しく触れませんが、このOSのリリースで、マルチタスキングの充実、外部ストレージへのアクセスなど、iPadはよりPCライクに便利に使えるようになっていくことでしょう。

まとめ

 今回のアップデートは、インチアップして、スマートキーボードが使え、値下げされたiPadというだけのことだと思います。が、これはこれで喜んでいる方もいらしゃるのではないでしょうか?

 筆者もその一人です。

 以上甚だ簡単で短い記事ですが、本質はお伝え出来たのではないかと思います。

 最後までお読み頂き有難うございました。