杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

Macのクイックルックは便利

 こんにちは杉本屋です。

 今回は、Macユーザーなら知っておきたい機能の1つ「Quick Look(クイックルック)」を便利に使う方法を紹介します。
f:id:sanseidow21:20190916081845j:plain

スペースを押すだけでファイルを表示

 ファイルを選択し、Spaceキーを押すだけでファイルの中身をすばやく表示することが出来ます。わざわざそのアプリを起動しなくて良いので簡便です。これは皆さんご存知かと思います。

 ファイルの種類は、テキスト、画像、動画や音楽、PDF書類、iWorkの書類、Microsoft Officeの書類など多岐にわたります。

 例えば、PDFファイルなどを閲覧すると▼のように、複数ページもちゃんと表示されます。また赤線で囲まれたボダンを押すと、対応アプリで開くことも出来ます。

f:id:sanseidow21:20190918233049p:plain

ゴミ箱内のファイルもOK

 通常「ゴミ箱」に入っているファイルは、一旦外に出さないと確認できません。しかし、ちょっと中身を見たい時に、いちいち取り出して確認するのは面倒です。

 しかしQuick Lookなら。ゴミ箱内のファイルもプレビュー可能です。瞬時に確認できます。 

複数ファイルを確認

 Quick Lookで複数ファイル(画像ファイルばかりですが)を表示すると、ウィンドウ左上に「f:id:sanseidow21:20190918220854j:plain」のアイコンが出てきます。

f:id:sanseidow21:20190918220428p:plain

 f:id:sanseidow21:20190918220854j:plainを押すと、▼のようなタイル表示となり確認に便利です。

f:id:sanseidow21:20190918221015p:plain

音楽や動画ファイルも

 これらのファイルをQuick Lookすると、そのまま再生されます。▼のように、いずれも音量調節や一時停止ができるほか、音楽ファイルの場合は演奏時間なども確認できます。f:id:sanseidow21:20190918234457p:plain

メールに貼られたリンクもOK

 メールアプリ内でもQuick Look可能です。メールにURLリンクが張られている場合、その右端にカーソルを合わせると「▼」マークと「クイックルックURL」という文字が表示されます。ここをクリックすれば、Safari等を開くことなくページをプレビューできます(が、Safariの起動も速いので、これはさほど簡略化とも言えない気もします)。

 

 今回は、簡単ながらMacQuick Lookについて述べてみました。

 何かのお役に立てればこの記事を書いた幸せを覚えます。

 最後までお読み頂き有難うございました。