杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

iPadOS はどう進化したのか? レビューその3

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iOSへ
にほんブログ村

 こんにちは。杉本屋です。

 今回は、新しく大幅にアップデートしたiPadOSのレビュー、その3になります。

f:id:sanseidow21:20190930090113p:plain

 用いるのはiPadOSの発表にあわせて購入し、9/28に届いた新しいiPad10.2インチモデルです。

 興味のある方は下の過去記事をお読み頂ければ幸いです。 kousyumaki.hatenablog.com

  では早速、本題のiPadOSの進化あるいは変化について、続きを述べたいと思います。

5.マウス

 ようやくマウスが使えるようになりました。が、使うにはもちろん少し設定が必要ですので説明したいと思います。ただ、ここではBluetooth接続のマウスを前提にしています。

 ありがちなのが「設定」→「Bluetooth」から接続設定に入ろうとすることです。筆者もこれで失敗しました。そうではなく、

▼「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」をタップします。

f:id:sanseidow21:20191001204913p:plain

 

▼AssistiveTouch(アシスティブタッチ)をタップします。

f:id:sanseidow21:20191001205123p:plain

 

▼するとまどろっこしいことに、またAssistiveTouchというのが出てきますので、それを「ON」にします。

f:id:sanseidow21:20191001205348p:plain

 

▼「ON」にした後、下の方にある「デバイス」をタップ。

f:id:sanseidow21:20191001213426p:plain

 

▼探していたマウスがあれば、それをタップすればOKのはずです。

f:id:sanseidow21:20191001213537p:plain

 が、ここで筆者の環境の場合(マウスにもよるのかも知れませんが)、「PINコードは ?」と訊かれ、困惑してしまいました。マウスにそんなものあるか! と何度かやり直してみましたが、同じです。
 自棄糞気味にiPadに「0000」と入力したら、あっさり繋がってしまいました。

「はあ?」となりましたが、ここはなんでも良いような(^_^;)気がします。

 繋がってしまうと、結構便利で画面をいちいちタップしなくて良いのは気持ち良いものです。パスコードによるロック画面の解除も、アプリの終了ももちろん出来ます。

▼わざと目立つようにポインタを大きくしています。まるでフォトショップのレイヤーで貼り付けたような嘘くさい表示のポインタですが、これはリアルな写真です。

f:id:sanseidow21:20191001225054j:plain

 が、時折そういう操作がうまくいかなくなったりすることもあります。これも、これからの細かなリビジョンアップで改善してくるのではないかと思われます。

 

▼マウスボタンについても細かな設定が可能です。

f:id:sanseidow21:20191002075529j:plain

▲上は「デバイス」から目的のマウス名をタップした状態ですが、筆者はご覧のように、

・ボタン1→シングルタップ

・ボタン2→ホーム

・ボタン3→Dock 

 に割り振りました。たぶんボタン1と2はデフォルトでこうなっていたと思いますので、あまり考える必要はないと思います。

6.Sidecar

▼これは、噂では10月4日発表だというMacOS Catalina(カタリナ)の登場を待たないと実現できませんが、iPadMacのサブディスプレイとして使う、という代物です。

f:id:sanseidow21:20191002081031j:plain

 

 今までも、サードパーティー製のアプリを使えば実現できましたが、OSで対応してくれれば悪いことはありません。

 でも、正直、筆者も「Yam Display」というアプリをiPadMac双方にインストールして使っていましたが、webで調べ物をしたり、ビジネスアプリを使ったりして、フツーに使っているとそんなに便利だと思ったことは無いです。

 むしろiPadが独立したデバイスのディスプレイとして動作していた方が、便利です。Appleバイス同士であれば、もともと殆ど何でも共有できる上、いざとなればAirDropもありますので、それで飛ばせば済むわけです。

 これは、一言でいうと、iPadを液タブ化するの為の方策だと思います。
 Macは、Windowsと違って、全部盛りのOSではありませんので、お互いを補完し合うデバイスとして位置づけようとしているのではないかと思います。

 

 今日はここまでになりますが、引き続きiPadOSのレビューをしていきますので、お読み頂ければ幸いです。

 いよいよ明日あたりは、今回のアップデートの目玉機能の一つであるiPadによる外部ドライブへのアクセスを試しながらのレビューの予定です。

 ここまでお読み頂き真に有難うございました。

iPad Wi-Fi 32GB - スペースグレイ (最新モデル)

iPad Wi-Fi 32GB - スペースグレイ (最新モデル)