杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

iPadOS はどう進化したのか? レビューその5(最終版)

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iOSへ
にほんブログ村

 こんにちは。杉本屋です。

 今回は、新しく大幅にアップデートしたiPadOSのレビュー、その5です。

f:id:sanseidow21:20190930090113p:plain

 ハードとして用いるのは、先日届いた新しいiPad10.2インチモデルです。

 興味のある方は下の過去記事をお読み頂ければ幸いです。 kousyumaki.hatenablog.com

  さて、早速本題のiPadOSの進化あるいは変化について、今回は特に外部ドライブへのアクセスについて述べたいと思います(Lightning→USB変換アダプタが届いたので)。

 6.ファイルアプリの進化

 筆者が思うに、今回のアップデートで一番大きいのは、やはりファイルアプリによって外部ドライブアクセスできるようになったことだと思います。

 以前は、せいぜいSDカードやUSBメモリに入った写真などの画像ファイルを自動的に「写真」アプリに取り込む、というだけの機能しかありませんでした。他のファイルには全くアクセス出来ず、どうしてこんなバカげた制限を設けているのか不思議なほどでした。

USBメモリを挿してみる

▼早速、試しにまずはUSBメモリを挿してみました。

f:id:sanseidow21:20191003164233j:plain

 すると「使えん。電力足らんからもっとくれ」というようなメッセーが出ましたので、たかがUSBメモリに「そんなアホな」と思いながら電源ケーブルを差して試みました。

f:id:sanseidow21:20191003164533p:plain

▲するとまたこうです。当然ファイルアプリを起動しても何の反応もしていません。

 この後、手持ちのUSBメモリを3本試してみましたが、3本とも駄目でした。

SDカードを試す

▼今度はSDカードリーダーでSDカードへのアクセスを試しました。容量は32GBです。f:id:sanseidow21:20191003170753j:plain

f:id:sanseidow21:20191003170622p:plain

▲これまた同じようなメッセージが出て認識できません。名詞のCard Reader…てのが違うだけです。

外付けHDD

 これは、やるだけ無駄だろうと思いながら、ぶっ挿してみました。もちろん電源ケーブルは挿したままです。

f:id:sanseidow21:20191003171349j:plain

f:id:sanseidow21:20191003171514p:plain

▲案の定、またまた蹴られてしまう始末です。

 ここで、これだけやって駄目ということは、このLightning→USB変換アダプタが面妖いのかと疑いました。 買ったのは下の製品です。 

  でもしぶとく引き出しの中を捜索していて、古い8GBのUSBメモリを見つけましたので、気を取り直して、これもダメ元で試そうと挿し込んでみたところ、

f:id:sanseidow21:20191004000713j:plain

▲見事(でもないですが)UNTITLEDと認識しています。

 しかし認識はしたものの、この不安定さでは、変換アダプタを手放しで正常と判定する訳にはいかない気がします。

 ただ、唯一認識したメモリだったので、ファイルのコピーを試してみました。

Google Driveからコピー

 Google フォト内の写真ファイルを、USBメモリにコピーしてみます。

f:id:sanseidow21:20191004001132p:plain

▲ところが、気長に待つこと30分。いつまで経っても終わりません。しかもわずか4.5MBのjpgファイルです。

Dropboxからのコピー

▼仕方がないので、今度はDropboxから、

  • 300KB足らずのPDFファイル
  • 3MB程の写真ファイル
  • 100MB程の動画ファイル

 などをコピーしてみました。すると、上の2ファイルは一瞬で終わり、動画は大きいのでそこそこ時間がかかりましたが無事コピー出来ました。もちろんUSBメモリ上からの再生も異常なくできます。

 でも、先刻のGoogle Driveからのファイルは、ぐるぐる回ってまだやっています。これはさすがにGoogle Driveを疑うしかありません。もともとGoogle Driveは同期が遅いことで定評がありますので、それも一理あると思いました。

 これはこの後、30分以上回り続け、トータルで一時間ほど放置しましたが、何も起こらないので、とうとう諦めてメモリを抜きました。

f:id:sanseidow21:20191004002843p:plain

 あとで、このUSBメモリMacで確認したところ、Dropboxからコピーした上記3ファイルはちゃんと存在していて読み書きも可能でした。一応ちゃんと出来ていた、ということにはなったと思います。

まとめ的に

  ということで、残念ながら、外部ドライブへのアクセスは、筆者の手持ちのデバイスでは、安定した動作の確認は取れませんでした。

 少なくとも、筆者の現段階、現環境では、使い物にならない、と言っても過言ではないと思います。

 またApple純正のLightning→USBアダプタでも入手した際には、再度確認を取ってみたいと思っています。

 先日、ある有名なYouTuberの方(Apple関連のレビューで)が、このiPadOSの外部ドライブのアクセスについて、
Type-Cは良いんですけど、Lightning端子を持つiPadについては、ビミョーなんですよね」

 と言及していたのを聞いて、気にはなっていたのですが、奇しくも彼が言った通りの結果となりました。

 当然Type-C端子を持つiPadと言えば、iPad Proになりますが、残念ながら筆者は所有していませんので、これもまた機会があれば知人のiPad Proを借用した際に試してみたいと思います。

 とりあえず、iPadOSについてのシリーズ記事は、ここで一旦締めさせて頂きますが、また何か分かったことがあれば随時お知らせしたいと思います。

 最後までお読み頂き感謝します。有難うございました。

iPad Wi-Fi 32GB - スペースグレイ (最新モデル)

iPad Wi-Fi 32GB - スペースグレイ (最新モデル)

 
Apple iPad?Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (最新モデル)

Apple iPad?Pro (11インチ, Wi-Fi, 256GB) - スペースグレイ (最新モデル)