杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

16インチMacBook Proの発表をうけて

 こんにちは杉本屋です。

 2019年11月13日、随分前から噂されていたMacBook Pro 16インチモデルがようやく発表/発売されました。今回はこのAppleの新しいMacについて筆者なりの見解を述べてみたいと思います。

f:id:sanseidow21:20191115092109j:plain

 

まずはおよその概要です。

ティスプレイ

 IPSテクノロジー搭載16インチディスプレイ、

 3,072 x 1,920ピクセル標準解像度、226ppi、数百万色以上対応

 500ニトの輝度 広色域(P3)

CPU

 2.3GHz 8コアIntel Core i9(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)、16MB共有L3キャッシュ

グラフィックス

 AMD Radeon Pro 5500M(4GB GDDR6メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)

メモリ

 16GB 2,666MHz DDR4オンボードメモリ

インターフェイス

4つのThunderbolt 3(USB-C)ポート

キーボード

シザー式バックライトMagic Keyboard

 

 ざっと以上のようになっていますが、

 いちいち細かく述べるのが、この記事の目的ではありませんので、鷲掴み的に述べます。
  • ディスプレイが大きくなった
  • CPU/グラフィック面などよりパワフルになった
  • 筐体は同じ程度の大きさだが重くなった
  • キーボードがシザー式に変更し、物理escキーが復活した
 こんなところかと思います。 

 まとめ的に

 結局、この新型MacBook Proは、何が特徴で何が良いのでしょう?

 画面のナローベゼル化を進め、ついでにProの名に相応しい強力なチップ類を搭載し、評判の悪かったバタフライ式キーボードをシザー式に変更し、これまた評判が良くなかったタッチバーのescキーではなく、物理escキーを復活させたという、今までのいわば欠点を一応抹消したモデルではないかと思います。

 では買いか、というとはやり値段の話になると思います。

248,800〜という価格

f:id:sanseidow21:20191117081943p:plain

▲上は、Appleストアでのスクショですが、最安モデルでの価格です。

 税込だと273,680円になります。この価格はMacとしては安い方かとも思いますが、絶対値的には高いと思います。

 ものには相場というものがあります。これを同等性能のWIndows機と比べるとどうでしょう? 2倍近いと言っても過言ではありません。

▼例えばLenovoのこれとか。

www.lenovo.com

f:id:sanseidow21:20191115122933p:plain

 いくらmacOSが動作すると言われても、あまりに高価格だとドン引きしてしまいますね。

 今回は、先頃、なかなか発売されないと書いた、MacBook Pro 16インチモデルが発表されたことを受けて率直に感じたことを述べた記事でした。

 皆さんのお役に立てればこの記事を書いた幸せを覚えます。

 最後までお読み頂き有難うございました。