杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

ALLDOCUBE kBookって良いんじゃね。

 こんにちは杉本屋です。

 今回は「ALLDOCUBE kBook」という3K高解像度ディスプレイ、3:2のアスペクト比を持つWindowsパソコンのことについて言及したいと思います。

f:id:sanseidow21:20191129071330j:plain

 

 このWindowsパソコンは、外観はMacBookそっくりで、ぱっと見では見分けがつかないほどです。

 ただよく見ると、画面のアスペクト比が3:2なので、MacBookにしては画面がちょっと縦長いかな? と気づきます。

中華製ってどうなの?

 ALLDOCUBEはいわゆる中華メーカーです。2008年の創立らしいですが、主にPCやタブレットを中心に展開しているブランドです。

 詳しいスペックは他のブロガーの方達の情報に譲りますが、このKBookは安くて良いですね。

 まずは、メーカーからのスペック表を抜粋したものを掲載します。

  • CPU  intel Skylake Core m3 6Y30 900GHz 最大2.6GHz
  • Intelコアグラフィックスクアッドコア515 GPU

  • ディスプレイ開口角180度

  • 8GB DDR3メモリと512GB SSD 

  • 13.5インチFHD IPS 3000✕2000 高解像度タッチスクリーンディスプレイ

   上のようなスペックですので、十分な動作感を得られると思われます。Office系のアプリや2D系のグラフィックアプリを使っているぶんには、何ら問題ないレベルだと思います。

 ついでに言うと、筆者には画面の3対2というアスペクト比が特に良いと思われました。エクセルやワードなどを使っていると、現今主流の16✕9は縦に狭過ぎて使いづらいものがありますが、3✕2だとスクロールさせることなく見渡せて作業効率が上がります。

 しかも画面は180度開く上タッチスクリーン対応、フルメタルボディです

 この製品が今ならAmazonでタイムセール中、39,015円で販売されているから驚きです。

f:id:sanseidow21:20191129073421p:plain

まとめ

 タイムセール外でも安いと思いますが、今のこの価格なら全く文句のつけようが無い気がします。

 あとは耐久性の問題だけだと思いますが、そもそもPC自体が陳腐化の早い製品なので、少なくとも筆者の場合は長持ちなどは考えていません。

 中華製PC全然良いんじゃないでしょうか。この値段でこのクオリティーだと日本製も売れなくなる気がしますね。

 今回は、ALLDOCUBE KBookの速報という形の記事となりました。

 最後までお読み頂き有難うございました。