杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

Google「Pixelbook Go」の 4K Corei7 モデルってどうなの?

 こんにちは。杉本屋です。今回はGoogleから発表された新型ChromebookのPixel Goという製品の中の高スペックモデル(4K Core i7)について言及してみたいと思います。

 

f:id:sanseidow21:20191215194206j:plain

Pixelbook Go  4K Corei7 モデル

▼まずは簡単にスペックを紹介します。
f:id:sanseidow21:20191215194052p:plain

 という具合のものです。が、

 のっけからディスるようですが、Chromebookにこれほどのスペックが必要でしょうか? これだとWindows10でも十分軽快に動作する性能だと思いますし、価格が、1399ドル(税込み約17万円)という高額な製品なので、ほとんど筆者はメリットを感じません。

 また4Kも良いのですが、内臓ディスプレイの13.3インチでは4Kのメリットを享受できないと思います。

Chromebookは所詮はニッチなデバイス

▼過去記事にも書きましたが、  Chromebookは基本的に、何でもブラウザ上で拡張機能を用いて行う設計ですので(たしかに大抵のことは出来るのですが)、なにか深く突っ込んだことをやろうとすると「帯に短し襷に長し」という感が絡まってきて、フラストレーションが溜まるデバイスだと思います。

 これはChromebookの使い方としては、ある意味間違っていて、あくまでも高速起動、軽快な動作を武器とし、あるいは安価という背景を強みとして、ライトな用途で使ってこそ活躍するデバイスだと思うのです。

総評的に

 Chrome OSは素晴らしいオペレーティングシステムですが、WindowsmacOS端末には、どうしてもイマひとつ劣るというのが正直なところです。近頃ではLinuxも使えるようになりましたが、Chromebookが欲しい人は、そもそもそこまで求めてはいないでしょう。

 WindowsmacOS端末よりも安く、そこそこ使える端末を欲している人が、Chromebookに興味を持つと思いますので、いくらGoogle純正の高級デバイスだと言っても、それだけで1399ドルは法外な価格設定だと思います。

 とにかくChromebookは安くないと意味をなさないと筆者は思います。

 そして、Pixelbook Goは2-in1端末ではありません。

 Chrome OSで使えるAndroidアプリの中には、マウス&キーボードでは操作不可(=タッチ操作のみ)というのも多いので、2-in-1端末ではないPixelbook GoだとせっかくのChrome OSの恩恵を十分に享受できないわけなので、360度ヒンジさえつけてくれていたらまだしも、かなり残念な気がします。

 今回は、Googleから発売されたPixelbook Goの4K Corei7モデルについて感想を述べてみました。

 もし参考になりましたら、この記事を書いた幸せを覚えます。

 最後までお読み頂き有難うございました。