杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

Chromebookを買う際に気をつけておきたい4つのポイント

 こんにちは。杉本屋です。

 最近では日本でもテレビCMが流れ始めたChromebookですが、以下のような機種もASUSから発表されて何かとChromebook市場が賑やかになってきているように思えます 。

f:id:sanseidow21:20200311083934p:plain

 ただ、今回は、Chromebookが良いの悪いのというような話しではなく、筆者の実体験を元に、購入するなら気をつけておいた方が良い点についてシンプルに述べたいと思います。

  以上4つの点が挙げられると思います。

 その前に、Chromebookって何? という方や、全般的な知識を必要とする方は、過去記事をご参照頂ければ幸いです。 

kousyumaki.hatenablog.com

1.メモリの容量

 まずはメモリの容量ですが、4GBはあった方が良いと思います。

 項を別にすべきかも知れませんが、ストレージは小さくても構わないと思います。32GBもあれば十分でしょう。

 話を戻しますが、初期の頃は2GBでも軽快に動作していましたが、近頃だとChrome OSも少し肥大化してきたのか、2GBのマシンだとそれほど軽快には動作しないように思います。

2.キーボード

 これは実際触ってみないと一番分からないものだと思いますが、いかんせんChromebookは、よほどの都市部でないと店頭展示が殆ど無いので、あらかじめメーカーのwebなどの写真などを参考にしてよく確認しておいたほうが良いと思います。

 キー配列はChromebookである限り、大まかには同じですが、例えばエンターキーやカーソルキーの位置や形状などは機種によってはまちまちですので、注意が必要です。

f:id:sanseidow21:20200304152923j:plain

Asus Chromebook Flip C302CAのキーボード

▲ちなみに上は、筆者の使っているAsusのC302CAの日本語キーボードですが、エンターキーも大きく押し易く、またカーソルキーも山形で扱いやすいものとなっています。キーストロークも十分ありよく出来たキーボードだと思います。

 ただ(過去記事にも書きましたが)、キーボードアサインを自由に変更するアプリは今のところありませんので、WinやMacのようになんとでもなる、と思っていると痛い目にあいます。

 例えば、筆者の場合だとFront Delete機能をワンキーの押しやすい位置に持ってくる、という芸当が出来ず、 OSレベルでの多少の変更(Alt+BackSpace)に甘んじているのが現状です。

3.インターフェイス

 これは色々あると思いますが、やはり今買うならUSB Type-Cが付いているかどうかは最低限の要チェック項目だと思います。
 Type-Cが2基あれば良いと思います。

▼下は、ASUS Chromebook Flip C436FAのインターフェイス図ですが、これだと最低限のことは賄えるので大丈夫だと思います。

f:id:sanseidow21:20200220091022p:plain

4.自動更新ポリシーの期間

 これは必ずチェックしておいたほうが良いと思います。

 中古で安く買ったりすると、OSの自動更新期間がかなり短くなっている可能性が高いので要注意です。

 最近ではGoogleが8年間の自動更新にする、と発表したので、最新機種だと長く使えるのではないでしょうか?

 ただ、自動更新期間が終了したからと言ってChromebookが使えなくなるわけではありません。しばらくは手動での更新が出来るようですが、やがてアップデート不可となりますので、バグの修正もなくなり、何よりセキュリティー面での不安が出てきます。

 

 以上甚だ簡単ながら、Chromebookを購入する場合気を付けておいた方が良い点を述べました。

 もし参考になりましたら、この記事を書いた幸せを覚えます。

 最後までお読み頂き有難うございました。