杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

Apple 新型iPad Proを発表!トラックパッド付キーボードも。だが?

 こんにちは杉本屋です。

 さて、少し遅くなりましたが、3月18日付けで、Appleが新しいiPad Proを発表しました。近々出るんじゃないか、と噂されていましたので、それほど驚きはしませんでしたが、今回の発表では、むしろ筆者の興味は本体ではなく、5月に発売されるという新しいiPad Pro用キーボードにあります。

f:id:sanseidow21:20200320082321j:plain

むしろオーバースペック

 本体の詳細なスペックについては、Appleのサイトや他の方の情報に譲りますが、今度のA12Z Bionicチップは、A12X Bionicとそれほど変わっていない(GPUのコアが一つ増えただけ)とは思います。
 が、それでも十分高速だと思います。もともと前モデルでさえオーバースペック気味でしたので、4K動画などの編集でも軽くこなせる性能だと思われます。

 Appleは以下のようにiPad Proを謳っています。

f:id:sanseidow21:20200320141914p:plain

新しい専用キーボード

 それよりも筆者が注目したいのは、今度の専用キーボードです。Appleは以下のように述べています。

f:id:sanseidow21:20200320141514p:plain

 フローティング構造とすることで、iPad本体の傾斜を無段階調節が可能で、しかもトラックパッド付、さらにバックライトまで付け、至れり尽くせり、という仕様になっています。

f:id:sanseidow21:20200320142746p:plain

iPadにキーボードを付けると…

 その前に、iPadなどのタブレット類がPCに比べて弱いところは、何と言っても、入力作業がし辛い、という点だと思います。

 当然、専用キーボードや外部キーボードがそれを補うアクセサリとして用意されているわけですが、ハードウェアキーボードを着けたばかりに起きるフラストレーションもあります。

 それは何かというと、基本的にiPadなどのタブレット類は、タッチパネルでの操作を旨としている以上、入力しながら何かの操作(選択だの実行)を行おうとすると、どうしてもパネルに触らざるを得なくなり、指が手元から離れてしまう、またそれが頻発する現象が起きるということです。これはやってみれば分かりますが、かなり疲れます。

 Macなどの、トラックパッドで多彩な操作が可能なPCに比べると、格段に操作性は落ちます。

iPadOSになってから

 昨秋のOSのアップデート、つまりiPadOSになっって、アクセシビリティ上でマウス対応となり、ようやくタッチパネルだけの操作から離れられるようになったiPadですが、マウスよりは、トラックパッドの方がキーボードからより手が離れにくくなり快適な操作が可能です。

 特にMacで培った、さまざまなジェスチャーによる多彩な操作が可能なトラックパッド技術なら、手元だけの操作で、ほとんどの操作が完結できるものと思われます。

 こんどのiPadOS 13.4から正式にトラックパッドに対応し快適な操作が可能になると推察出来ますが、だとしたら…、です。

 はじめっからMacでいいんじゃね

 となる気がします。それには他にも理由があります。

その価格が

f:id:sanseidow21:20200321084002j:plain

 新型iPad Proは最安のwifi/ストレージ128GB/11インチモデルで、84,800円(税別)となっていて、これは、以下の表のように、前モデルから言うと、ストレージ容量が倍になっているのに5000円値下げされていますから、まだ良いとしても、問題は5月に発売されるというキーボードの価格です。

f:id:sanseidow21:20191022092724p:plain

 なんと下のように31,800円という法外な値段が付いています。

 このキーボードだけで第7世代iPadが大方買えてしまう程の値段です。

f:id:sanseidow21:20200321084908p:plain

 で、筆者が何が言いたいかと言うと、11インチの最安モデルとこの新型キーボードを合わせると、84,800円+31,800円=116,600円という高額になり、これだと同時に発表された新型のMacBook Airの最安モデルの価格、104,800円を一万円余り超えてしまう、という事実です。

f:id:sanseidow21:20200321090334p:plain

 確かにiPadは、ペンシルで絵や字を自在に描くことも出来るデバイスですが、主に入力打鍵デバイスとして考えると、誰がどう考えても、はじめっからMacにしといた方が安くて快適だという話に決着すると思います。

  AppleiPadをどんどんPC化させて、かつては「どんなコンピュータにも似ていないコンピュータ」と言ってみたり、最近では「そのコンピュータはコンピュータの先を行く」と嘯いて売り出そうとしていますが、PCに近付けば近付くほど、Macとの棲み分けが難しくなってくるでしょう。いわゆる共食い状態になるということですが、それは価格の設定バランスも当然あると思います。

 今回の発表劇は、それを思わさざるを得ない事実でした。

 以上甚だ簡単で短い記事ですが、何かの参考になればこの記事を書いた幸せを覚えます。

 最後までお読み頂き有難うございました。