杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

ネット回線の速度が遅い。¥958で激速に!

 こんにちは、杉本屋です。

 今回は、今さらながら、ネット回線の速度に関する話なのですが、実は拙宅の回線環境は、つい先日までADSL回線(12Mプラン)のままでした。

 これは、動画を視聴する場合など、少し待たされたり、カクついたりすることがあっても、常時使っていてそれほどストレスを感じることが少なかったせいもあるのですが、契約していたプロバイダがADSLサービスを終了する、と告知してきたことが契機になり、ようやく重い腰を上げて2020年3月初旬に光回線に移行したわけです。

f:id:sanseidow21:20200403085106j:plain


 で、やってみて思いました。

「あ、やっぱ速いわ」と。

 でも、やがて、1週間経ち、2週間経ち、しているうちに、慣れもあるんでしょうが、それほど速いとも思わなくなってきて、それより「光のくせにもっと速度出ないのかよ」と不満を覚え始めました(本質的に人間とはそういうものですね)。

速度を計測してみたら

 で、一体何メガくらい出てるのか気になり、色々なサイトで計測してみたところ、大体、

  • 下り 35〜50M/bps
  • 上り 80〜100M/bps
  • レイテンシ 27〜35ms

 上記のような情けない数値で、光回線にしては下りが全く不満足な結果で、重い動画の視聴の時など、時折止まったりするような有様でした。

まず疑ったのが

 プロバイダがどうの、契約プランが悪い、などということは、契約直後だったので考えませんでしたが(ちなみに回線業者はドコモ光、プロバイダはぷららです)、しばらく考えていて、気になったのがLANケーブルでした。

 というのも、かつて筆者はLANケーブルなどに気を使ったことなど一度も無く、何かのおまけについてきたような、数年〜十数年くらい前のものを、しまってあった中から一番取り回しの楽そうな細さと長さだけで選んで、差し込んでいただけだったからです。

 この場合のLANケーブルとは、終端装置(ONU)とWiFiルーターの間を繋ぐケーブルのことです。筆者の場合は50cmほどの長さでした。

 で、ふと思い出しました。これって確かカテゴリ5とか言ってた時代のものじゃないのか? と。

 カテゴリ5→CAT5とは以下の表にあるように、通信速度はたかが100Mbpsです。

f:id:sanseidow21:20200404093532p:plain

LANケーブルをAmazonで即買い

 冷静に観て、これでは十分な速度が出る訳がない、と思い、Amazonで下のものを¥958で即購入しました。この製品でなければならない、ということではなく、よく知らないので直感的に選んだに過ぎません。

 下のリンクは、ケーブル長が50cmのものだから¥988になっています。筆者は下記から25cmのものを選びました。

 恥ずかしながら、筆者は、この時点で初めてカテゴリ8規格の存在を知りました。

 カテゴリ8→CAT8は、最大通信速度40Gbpsです。そこまでの規格は現在不要ですが、たかが1000円未満なら最高のものを買っておいて別に損はありません。

結果は劇的な改善に 

 正直言って、それほど期待していた訳では無く、1000円未満の投資で、少しでも状況が改善できたら安いものだ、くらいにしか考えていませんでした。

 が、結果は劇的でした。

 本来なら、同じテストの数値をbefore afterの形で掲載すべきでしたが、もとのLANケーブルに戻して計測するのが億劫だったので、これでご勘弁頂ければと思います。

▼下は、有名なfast.comというサイトによる計測値ですが、ケーブルを変えただけで下りは5〜7倍ほどの速度が出ています。f:id:sanseidow21:20200404091837p:plain

▼これはどこだったか忘れてしまいましたが、ここでも同様な結果が現れています。

f:id:sanseidow21:20200404092233p:plain

▼あるいは、これもどこだか忘れましたが(すみません)、回線業者やプロバイダを細かく指定して計測するサイトでは、同様にさらに劇的な改善が認められました。

f:id:sanseidow21:20200404092409p:plainまとめ的に

 どうしてもネットの速度が遅い時は、まずは、LANケーブルを疑ってみてはどうでしょうか。チェックして、古いものなら交換してみると大きな効果が望めると思います。少なくとも筆者の場合はそうでした。

 回線業者やプロバイダを変える、あるいはプロバイダの契約プランを見直す、等の変更はその後でも良いように思います。

 あと近頃ではIPv6プロトコルが重要と思われますので、プロバイダが対応していれば申し込んでおいたり、ルーター側も対応品にする必要もあると思います。

 筆者も近日中に下のルーターIPv6対応品)を購入する予定です。

 この記事がもし皆さんのお役に立てば幸せを覚えます。

 最後までお読み頂き有難うございました。