杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

ダイソー100円万年筆 コスパ最強!

 こんにちは杉本屋です。

 今回は、久しぶりの万年筆ネタになりますが、あのダイソーでなんと100円(税別)の万年筆を見つけましたので、レビューしてみたいと思います。

 万年筆としては三種類ありましたが、そのうち、一番高級感のある金属製ボディのものを選びました。軸の色はホワイトとシルバーがありましたが、これは両方買ってみました。

 他にはスケルトンボディのものと、プラチナの絶版になっというリビエールという製品が置かれていましたが、双方ともプラボディでチープ感満載でしたので、今回は入手しませんでした。

f:id:sanseidow21:20200406143047j:plain

 このような簡易包装に入っていますが、これはコストを考えれば当然ですね。

 ご覧のように、小さめのカートリッジインキが一本付属しています。色はブルーで、ニブは中字とのことでした。

デザイン的には

f:id:sanseidow21:20200406143946j:plain

 ご覧のように軸は細身で普通のボールペン程度ですが、デザイン的には可もなく不可もなし、といったところでしょうか。別段カッコいいということもないですが、格好悪くもないと思います。

 キャップを開けると当然ですが、紛れもない万年筆です。色はパールホワイトと言った方が良い色で、金属製で安物感はありません。ニブにも地模様が入っています。

f:id:sanseidow21:20200406144123j:plain

 ニブの大きさも、軸の割には小さくなく、よくある安物の万年筆は、言い訳のように小さいニブが付いていることがありあますが、この製品はバランス的に小さくは感じられません。

 肝心の書き心地は「いや、これ本当に100円?」というレベルのもので、いつも持ち歩いているプラチナ万年筆のプレジデントと、書き心地では値段ほどの大きな差は全く感じられません。

 これを言うと身も蓋もありませんが、デザインと質感だけの差、ということになってしまうかと思います。

 プレジデントは、筆者は、Amazonで16000円以上で先々月購入しました。ダイソー万年筆の約160倍です。

 実際に書いてみて

 メモ帳で申し訳ありませんが、以下のように何ら不都合なく滑らかに書くことが可能です。カリカリ感はあまりありません。筆圧を強めにかけても問題ありません。

 インクフローは、やや渋目ですが、実用上問題ないレベルだと思います。

 ただ「中字」とありますが、プラチナのプレジデントやパイロットのカスタム742の「細字」と比べて、ほぼ同じ太さなので、一般的には「細字」相当なのだと思います。それほど太くは書けません。ボールペンで言うと、0.7mm程度でしょうか。

f:id:sanseidow21:20200406145903j:plain

 耐久性については分かりませんが、仮にそれほど持たなくても価格が価格なので諦めもつくでしょう。

▼下は、プラチナ万年筆のプレジデントとのツーショットですが、別段安っぽくは見えないと思います。

f:id:sanseidow21:20200407083600j:plain

 筆者は万年筆マニアでもコレクターでもありませんが、日常、筆記するということに趣味的な潤いと楽しみを与えてくれる万年筆という文具が好きで使っています。

 パソコン等の普及で、ますます手書き文字は縁遠くなっていますが、やはり手書きには手書きの良さがあり、いくら、例えばiPadApple pencilが素晴らしい書き心地だ、と嘯いても、こういう潤いや趣には遠く及びません。

 そんな中から、今回はコスパ最強、ダイソー100円万年筆(金属製)のレビューをお届けしました。

 でもやはり万年筆らしい外観とオーソドックスな雰囲気を味わいたいなら、下記のプラチナ万年筆のセンチュリーがコスパが良くお薦めできる一品ではないかと思います。

 最後までお読み頂き有難うございました。