杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

色々あるiPhone/iPad用 Lightning接続キーボードの利点とは 

  こんにちは杉本屋です。

 今回は、何かと取り沙汰されるiPad用外付けキーボードの中でも、Lightning接続のキーボードについて述べてみたいと思います。

▲上の例は、リンクスインターナショナルというメーカーから発売予定のLightning端子接続のキーボードで、AppleのMfi認証も所得済だそうですが、他にも各社から色々出ているようです。

 これだとBluetoothなどの無線接続と違い、ペアリングや充電の手間もなく、途中で電池が切れる心配もありませんが、そんなことより、有線の場合、無線接続では得られないちょっとしたメリットもあります。

f:id:sanseidow21:20200508161928j:plain

非常時のロック解除が可能

 それは、落下などのアクシデントでiPhoneあるいはiPadのタッチスクリーンやホームボタンが使えなくなってしまった際に、本製品を使ってデバイスのロックを解除し、操作できるというメリットです。

  大抵の方は、iCloudでバックアップは取られていることと思いますが、修理の完了を待たずに、今すぐiPhone本体に取り残されているデーターを使いたい場合もあるでしょう。

 既にiPhoneiPadが電源すら入らない状態であれば諦めもつきますが、タッチスクリーンやホームボタンが反応しないだけという場合は、何とかして救出したいと考えるのが普通だと思います。

簡単に言うと

 これらのキーボードにはホーム画面を呼び出すキーが大抵ついていますので、ホームボダンの長押しで、Siriを起動し、アクセシビリティ機能の一つである「Voice Over」をオンにするよう指示します。

 Voice Overがオンになると、キーボードを使って項目を選択できるようになるので、「設定」を開いて「一般」→「バックアップ」と進み、必要な項目にチェックを入れてiCloudにバックアップを開始すればOK、という手順を取ることが可能になります。

 これらのLightning接続のキーボードは以下のように意外と高いのですが、探せば安価なものもあるようです。

 

▼色々ネットサーフィンしていて、安価な以下のLightning接続キーボードを見つけました。ケーブルは少し短めですが、使いものにならないような長さでもなく、一応Mfi認証所得済製品だそうです。税別926円(送料無料)だそうです。

 筆者は所有していませんので、念の為、ご購入の際は自己責任でお願いします。

 この記事が皆さんのお役に少しでも立てたら嬉しく思います。

 最後までお読み頂き有難うございました。