杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

MacBook 12インチ後継モデルはARMプロセッサになって、安く登場か!

 こんにちは、杉本屋です。

 過去記事にも書きましたが、ARMベースのApple自社開発のCPUが搭載されたMacが、2021年には数多く登場してくる、との噂が以前から囁かれています。

f:id:sanseidow21:20200519103523j:plain

写真はMacBook Pro 13インチモデル


 そんな中でも今回はMacBook 12インチ後継モデルの話です。

Apple自社製CPUになると安くなる

 有名なアナリストのミンチー・クオ氏が伝えた情報によると「アップルが独自開発のARMプロセッサをMacに搭載することで、処理性能あたりのコストを40〜60%削減やWindows PCとの差別化、そしてIntelインテル)プロセッサのロードマップに影響されることなくMacを刷新できる、などのメリットがある」としています。

 消費者としては「処理性能あたりのコストを40%〜60%削減」のところにどうしても食い付きます。

 これはどうも本当らしく、今後発表されるMacはもっと安価になる可能性が高いということです。
 Tom's Guide の記者ローランド・ムーア・コリアー氏によると、ARMプロセッサを搭載したMacBook は「iPhone SE」のような位置づけの製品として、ChromebookSurface Pro Xに対抗する、約64,800円〜97,800円で登場するのではないかとの予想を、伝えています。

iOS、iPadOSの開発経験が活きる

 現在、iPhone/iPadはARMベースのApple製のチップです。A12X Bioncとかですね。

 iOS系と同じものになれば、アプリを移植するのが簡単になります。

 実際、Project Catalystにより、iPad向けアプリがMac向けに比較的簡単に作れるようになったとの話もあります。

 また、自社開発のARMプロセッサに移行するメリットとして、「プロセッサの特性(パフォーマンス、省電力性能など)を、自社製品にあわせてカスタマイズできる」、「いくつかのベンチマークテストでIntelプロセッサを上回るパフォーマンスを示すA12X(AシリーズSoC)を既に開発済み」である点を各アナリストが挙げています。

まとめ的に

 消費者としてはやはり安価になるのは単純に良いことですが、これは売れると思います。

 いわばMacBookにおける「SE」モデルとして、新たなmacOSのユーザー層を獲得することに繋がるのではないかと思います。

後継モデルに望むものは

 廃版になったMacBook 12インチモデルは重量が920gあります。

 これを、次期モデルでは、さらに800gを切るほどに軽量化し、狭小ベゼルにして、画面は少しばかりインチアップしたものを望みたいものです。

 何しろ「Macは良いけど高い」と筆者は正直に思います。昔は良さと価格がギリギリのバランスだったと思えるのですが、最近では益々高くなってきて、良さと価格のバランスが崩れ初めている気がします。

 例外的には、今般発売になったMacBook Airくらいのものでしょう。

 このARMベースCPU搭載によってMacがより安価となり、Appleしか構築出来なかった快適な環境がもっと汎く使えるようになっていけば良いなと思うこの頃です。
 この記事がもし皆さんの参考になれば幸せを覚えます。

 最後までお読み頂き有難うございました。