杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

ChromebookでOfficeなどWindowsアプリが動作可能に!

 こんにちは。杉本屋です。

 ChromebookWIndowsアプリが動く、という話ですが、詳しくは以下のように、

 と関係各誌が報じていますが、さらに、

 とも報じられています。

 なお、海外誌のAndroid Policeによると、

  • Parallelsが提供するのは、Chrome OSにネイティブに統合されたParallels Desktopのバリエーションであり、完全なるオフライン動作をサポートする。

 とも報じられてもいますが、いずれにせよこれらは今のところ、法人モデルのChromebookでの対応だそうですが、これらを読んでも、歓迎すべきことというより、むしろ筆者は疑問を感じました。

非力なものが多いChromebook

 Atomのような遅拙なCPU、メモリは4GB程度、ストレージはSSDではなくe-MMCの32GBか64GBもあれば良い方、と言ったような非力なChromebook上で仮想アプリとWindowsを動かし、その上でOfficeなどのWindowsアプリを動作させるというのは、どう考えても無理があるように思えるのですが、一体どうなんでしょう?

価格的にもそんなに変わらない

 よくChromebookは安い、と言われますが、それは既述したようにハード的にケチった仕様になっているからです。

 特に3万円程度のマシンは、画面の解像度がFWXGA(1366✕768ドット)程度ものが多く、FHD(1920✕1080ドット)のディスプレイを搭載したものは高額で、十分Windows機を購入できる値段になっているものが多いと思います。 

はなからWindows PCを買えば

 Windows環境にそこまでして頼らなければならないのなら、はなから安いWindows PCを買えばよいのではないか、と思うのは筆者だけでしょうか?

 Windows機でもGoogleChromeさえ起動してしまえば、動作速度や操作感覚はChromebookと同じです。

 例えば、一例に過ぎませんが、以下のような廉価なものもあります。

 特に左下のものは筆者も購入して使っていますが、何ら問題なくOfficeなどのWinアプリがストレスなく動作します。

 

f:id:sanseidow21:20200528155434j:plain

Asus Chromebook 15.6インチモデル

まとめ的に

 Chromebookは、高速起動、軽快な動作、操作が簡単、などの点が受けて、テレビCMの影響もあって、ここのところ普及してきたのではないかと思います。

 一言でいうと、Chromebookは、ある意味割り切ったデバイスで、そのシンプルさが売りだったのに、わざわざ重いWindowsとアプリを動作させる取り組みというのは、繰り返しますが、どうしても疑問を覚えます。

 ▼Chromebookについて詳しく知りたい方は、以下、過去記事をお読み頂ければ幸いです。  もし参考になりましたら、この記事を書いた幸せを覚えます。

 最後までお読み頂き有難うございました。