杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

Apple 新世代MacにARMベースの独自チップ「Apple Silicon」を採用。年内にも発表か。これはエポック!

 Appleは6月22日(現地時間)「WWDC 2020」の同社初のオンライン版を披露しました。

 主な発表内容は、予想通りMacのArmベース独自チップへの移行と5つのOSのアップデートについてで、具体的なハードウェアの発表はありませんでした。

 今回はこれらの中でも、主にMacについて(おこがましいことながら)、一ユーザーとしての私見を述べたいと思います。

f:id:sanseidow21:20200623220725p:plain

スピーチするCEOクック氏


Apple Silicon

 ARMベースのApple独自チップの正式名称は「Apple Silicon」になるそうですが、これは既に、iPhoneiPadで採用されているA○○というチップのことですね。

 Appleは、この計画を約10年前から進めていたそうで、今後2年程かけてApple Silicon搭載のMacに完全移行していくそうです。

 WWDCでもA12Z Bionicチップが搭載された、Mac miniで、Final Cut Proを動かし4K動画を三本プレビューしながらストレスなく編集するという高性能ぶりを見せていて驚嘆しましたが、このチップになると、iOS系のアプリがそのままmacOSでも動作するということで、それは歓迎すべきことだと思います。

 その昔、PowerPCからintelアーキテクチャ移行時に活用された「Rosetta」ですが、「Rosetta 2」となって、古い既存アプリでも問題なく動作させられるとのことです。

それでも残る互換性の問題

 既存のネイティブアプリやiOS系のアプリは良いとしても、現状では仮想化ソフトのParallelsVMware Fusionは動作しない、あるいはBoot Campも難しいのではないかとの情報がありますので、Mac上でWin環境が必要な方は、今後の情報に注意が必要です。

macOS 11.0 Big Sur

f:id:sanseidow21:20200623215544j:plain

 次期macOSは「macOS 11.0 Big Sur」という名称になるそうです。

 ということは、長かった「OS Ⅹ」の時代が漸く終わり「OS Ⅺ」が始まるということだと思いますが、機能的にはそれほど大幅な刷新はなく、主にアイコンやインターフェスなどのデザイン面をiOS系にかなり近づけた感があります。

 ちなみにBig Surはカリフォルニア州のサンタルチア山脈の地名だそうで、この後発表されたAppleカスタムシリコンプロセッサ「Apple Silicon」採用のMacに最適化されているそうです。

3度目の移行

 かつてAppleMacに搭載するプロセッサのアーキテクチャを2回変えています。

 初めは(1984年)は米Motorolaの680x0系を採用していましたが、

 つまり今回で3回目の移行劇となる訳ですが、過去とは大幅に事情が違う気がします。

 なぜなら、今回は、自社製独自チップ「Apple Silicon」であることと、このアーキテクチャは既にiPhoneiPadで過去10年で20億個の独自チップを実装してきたという豊富な実績(ソフトウェア面も含めて)を持っていることなどが、過去の移行劇とは異質で、Appleは新たな何かを創造していこうとしているような意気込みを感じます。

一大転換期

 今後、Apple SilicomがすべてのMacに搭載され、iPhone/iPadなどのiOS系デバイスとハード・ソフト両面からシームレスに統合され、より廉価になり、Appleでしか構築出来なかった好適な環境がもっと汎く使えるようになっていけば良いと思うこの頃ですが、いずれにせよ、この移行劇はAppleにとってかつてなかった転換期、或いはエポックな出来事と呼んでも差し支えないように思います。
 この記事がもし皆さんの参考になれば幸せを覚えます。

 最後までお読み頂き有難うございました。