杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

ダイソーの絶対お買い得商品「LED電球60W」を使ってみて

 こんにちは杉本屋です。

 今回は、ダイソーで売られている「LED電球60W」の紹介記事になります。

 筆者の住む田舎町の百均はダイソー、セリア、ワッツの3つがありますが、ワッツでは確認が取れていませんが、セリアには無く、この商品はダイソーで購入しました。f:id:sanseidow21:20200806103823p:plain

▼以下のLED電球ですが、150円商品です。

f:id:sanseidow21:20200806103709j:plain

LED電球(高配光タイプ)電球色 810lm 8.1W

f:id:sanseidow21:20200806103659j:plain

軽くてコンパクト

だいぶ以前に購入し今も使っている

 この電球は、150円(税抜)商品なのですが、筆者は一年ほど前に5個購入し、E26口金(ごく普通の電球ソケット)の器具に装着してみました。が、今も何ら不具合もなく、正常に点灯し続けています。

 写真は「電球色」タイプですが、「昼光色」タイプもあります。

余談ながらルーメン(lm)とは

 自明のことを述べるようですが、分かりやすくするため各メーカーとも「○○W」と謳っていますが、これは白熱電球として、消費電力○○Wクラスの明るさがある、ということであって明るさそのものの単位ではありません。ちなみにこの電球は8.1Wなので、常夜灯に使う従来の豆電球に毛を生やしたほどの消費電力です。

 あるいはlx(ルクス)という馴染みのある単位もありますが、これも「光源から発した光が、照射対象の床や壁に当たった明るさを表したもの」であって、光源自体が発する絶対的な明るさ(光量)を表すものではありません、

 光量そのものを表す数値が「ルーメン」という単位で、これが一番明るさを表して比較するのに適していると思いますが、難しいことはともかく、この電球は810ルーメンの明るさがあり、廊下やトイレ、バス、脱衣所などには十分過ぎるほどです。

▼写真ではよく分かりませんが、以下は、筆者宅のトイレで点灯させた状態です。

f:id:sanseidow21:20200807084626j:plain

トイレの器具に装着したダイソーLED電球

有名メーカー品の価格

▼この電球と同等の明るさ(ルーメン)を持つ、有名メーカー品だとどれくらいするかというと、以下のようにTOSHIBAだと1080円(税込)です。ある家電量販店での一コマです。

f:id:sanseidow21:20200805164304j:plain

Panasonicにいたっては、1780円(税込)という高値でした。およそダイソー電球の10倍以上です。
f:id:sanseidow21:20200805164253j:plain

150円以上の価値はある

 ということで、これは本当に安い買い物だと感じます。

 もちろん一年経っても点灯しなくなったなどのトラブルは、今のところ一個もありません。

 取るに足らない話で恐縮ですが、同じような環境の方は一度試してみては如何かと思います。でも、あくまでも自己責任でお願いします。

 最後までお読み頂き有難うございました。