杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

GoogleアプリのGoogle Lensがすごい!

GoogleアプリのGoogle Lensがすごい!

 今回は、Google LensというスキャナOCRアプリを使ってみて「これは便利」と思ったのでご紹介したいと思います。

▼これはAndoroid版では、独立したアプリになっているようですが、iOS版では以下のようにGoogleアプリ内にありますので、起動してみて下さい。
f:id:sanseidow21:20200915084055p:plain

▼Googleアプリを起動したら、マイクの左横にある以下のアイコンをタップするとGoogle Lensが起動します。

f:id:sanseidow21:20200915084140p:plain

 要するにスキャナ&OCR系アプリなのですが、その機能の豊富さと簡便さがすごいと思います。

f:id:sanseidow21:20200930172648p:plain

 起動すると下の黒いバーの部分に

 「翻訳」「テキスト」「検索」「宿題」「ショッピング」「場所」「食事」という風にずらっと機能が並んでいます。

OCR機能

 今回はその中でも特に「テキスト」についてレビューしてみたいと思います。

▼サンプルとしてまずは下のような文書を用意しました。

 

f:id:sanseidow21:20201027090152p:plain

 

 これを読み込ませてみたいと思います。

 テキストをタップするとカメラレンズの前にテキスト文書があれば「画像の中にテキストがみつかりました」とメッセージを返してきます。

f:id:sanseidow21:20200930173131p:plain

▼左の「すべて選択」をタップすればご覧のようにテキストが選択された状態になり「コピー」「パソコンにコピー」のいずれかの操作が選べます。

f:id:sanseidow21:20201027075729p:plain

▼サンプルは災害ボランティア系の文書ですが、さらに面白いのは、認識したテキストを元に関連するキーワードで検索までしてくれていることです。

 ともあれ「パソコンにコピー」を選びます。

f:id:sanseidow21:20201027075235p:plain

 こうすると、PCのクリップボードにコピーされるので、下のように、Wordを起動しペーストしてみました。

f:id:sanseidow21:20201027072419p:plain

 ほとんど正確に認識されていて、もちろん問題なく編集も可能です。

 でも、ここまでなら類似アプリでも出来ます。

手書き文字に対応

 Google Lensがすごいのは、手書き文字にも対応している点です。 

▼下手な字で恐縮ですが、これくらい下手な方が試すのに向いている気がします。内容については何ら意図はありません。たまたま見ていた動画に出ていたテロップです。f:id:sanseidow21:20201027073149j:plain

 これを認識させてみます。

f:id:sanseidow21:20201027074150p:plain

 とりあえず、世界のプロレタリア…云々と認識されているのが分かります。

f:id:sanseidow21:20201027073345p:plain

▼これをさっき同様クリップボードにコピーし、Wordに貼り付けてみました。

f:id:sanseidow21:20201027084135p:plain

 結構間違ってはいますが、下手くそな字のサンプルにしてはまあまあの認識率ではないかと筆者は思います。

 これくらいだと手書きの文書をはなからタイピングしてデジタル化するよりは、Google Lensで取り込んで修正すればなんとか省力化できるのではないかと考えます。

 みなさんも試してみては如何でしょうか。

 今回はGoogle Lensの主にOCR機能のレビューでした。 

最新 Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - スペースグレイ (第8世代)

最新 Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - スペースグレイ (第8世代)

  • 発売日: 2020/09/18
  • メディア: Personal Computers
 
最新 Apple iPad Air (10.9インチ, Wi-Fi, 256GB) - スカイブルー (第4世代)