杉本屋ブログ

Apple製品、Mac iPad iPhoneなどのPC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

エレコム ELECOMから、やっとまともなサイズの外付SSDが出てきた!

小さい外付SSDはないかと探していて

 先日、Macのバックアップをとる媒体として、もうHDDの時代でもないだろうと思い、検索していて見つけたのですが、エレコムから、極小サイズのSSD外付ドライブが発売されています。

 以下のように、USBメモリーサイズの外付SSD「ESD-EMNシリーズ」というものです。

f:id:sanseidow21:20201231085244j:plain
 これらは2020年11月28日の発売だそうですが、カラーはブラック、ブルー、シルバーの3色で、容量は各色とも128GB、250GB、500GB、1TBをラインナップしています。価格はいずれもオープンですが、参考価格としては128GBが4,150円、250GBが5,800円、500GBが8,770円、1TBが15,370円 (いずれも税込)となっています。

USBメモリー並みの超軽量コンパクトという触込、だが…

 ESD-EMNシリーズ」は、重さ約10g、幅64×奥行き21×高さ9mm (コネクタ収納時) と、圧倒的な小ささを実現した、というメーカーの触込みですが、確かにそうかも知れませんが、ちょっと待って下さい。

f:id:sanseidow21:20201214161205j:plain

今までが、大き過ぎただけかも

 SSDは、電気的動作によりメモリーへデータを記録する媒体です。HDDのように物理的に回転する為のモーターや磁気円盤やヘッドなどの装置は必要としません。

 その意味では今までのUSBフラッシュメモリと原理的には何ら変わりはないはずです。

 ならば、今までのタバコの箱位の大きさのSSDがデカすぎただけじゃないのか、と筆者は思うのです。

 例えば、以下の2社の売れ筋外付SSDなどはその好例かと思うのです

f:id:sanseidow21:20201214152857j:plain

Samsung T5 500GB 大きさ横74mm×縦57mm×厚み10mm

f:id:sanseidow21:20201214153247j:plain

SanDisk ポータブルSSD 500GB

 これら二つの製品などはブログ記事や、YouTube動画などで「小さくて軽い」などとよく取り上げられているのをみますが、筆者はいつも(違うだろ)と、冷ややかに傍観していた感があります。

 それはともかく、漸くまともな大きさと軽さの不揮発性メモリが出てきた、ということでその意味では歓迎すべきことだと思います。

スペック等について

 大きさと軽さも大事ですが、スペック等も重要ですので、ざっくりお知らせします。

 読み込み最大400MB/s、書き込み最大350MB/s (128GBは書き込み最大250MB/s) の高速データ転送を実現するUSB3.2 (Gen1) 対応となっていますが、USB3.1 (Gen1)、USB3.0、USB2.0のデバイスにも下位互換でそのまま接続することができます。

 またセキュリティ面でも考慮されていて、エレコムのWEBサイトからダウンロードできる、パスワード自動認証機能付きセキュリティソフト「PASS (Password Authentication Security System)」が使用可能です。

f:id:sanseidow21:20201214161148j:plain
まとめ的に

 SSDならばHDD同様立派な外付ドライブ扱いになるでしょうから、USBフラッシュメモリとは違って、内部にパーティションを切ったりすることもできるはずです。