杉本屋ブログ

Apple製品、Mac iPad iPhoneなどのPC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

Microsoft Edge、Apple M1 Macにネイティブ対応、を見て思うこと

[:contents]

M1 Macに最適化されたEdge

 Microsoftは2月2日、Apple M1搭載Macに最適化したデスクトップ向けWebブラウザ「Microsoft Edge」(安定版)を提供開始しました。公式サイトからダウンロードする際に、Apple M1 Mac用とIntel Mac用を選べるようになっています。バージョンはVer.88.0.705.56。

f:id:sanseidow21:20210208090145j:plain

 もともと1月6日には、Apple M1をサポートしたMicrosoft Edgeの開発版(Dev)とCanary版が登場していたようですが、今回は安定版が正式に公開されたことになりました。

 ブラウザ上でMicrosoftアカウントとシームレスに連携するほか、Apple M1にネイティブ対応したことで各種Webアプリの動作パフォーマンスの向上が見込めます。

新機能

 表示しているWebサイトをキャプチャーして共有できる「Webキャプチャ」機能、動画再生時のピクチャーインピクチャー(PinP)表示機能やTouch Barへの再生操作ボタンの表示(MacBook Proの場合)、フルスクリーン表示のユーザーエクスペリエンスの向上といった新機能を盛り込んでいて、使いたくなるブラウザに仕上がっていると感じます。

MicroSoftの思惑

 MicroSoftはこのところ、macOS版のみならずiPadOS版のOfficeシリーズを著しくアップデートさせていました。さらにその上でのEdgeのM1へのネイティブ対応です。

 筆者が思うに、やはり売れるプラットフォームには対応していないと乗り遅れる、という見込みと危惧があるのではないか、と思います。Windowsという自社製品だけに安住するのではなく、今のうちに他プラットフォーム上のアプリ市場でシェアを獲得し盤石にしたいと考えているのでないかと思います。これからWindowsが徐々にシェアを落としてゆくことはMicroSoft自体が先読みしているような気がします。

 またこれからは固有のデスクトップOSではなく(先鞭をつけたのはGoogleのChromeBookだと思いますが)すべてはWeb上で動作するアプリ環境というものが主流になっていくことも分かり切っていた上でのことではないでしょうか。

intelの焦燥

 intelは過日「M1チップと第11世代Core i7の性能比較結果を公開」して「うちの方が速い」と騒ぎ立てているという報道がなされていますが(詳細は他記事に譲る)、その内容たるや実に公平性を欠いた手前味噌なもので、もはや正視するに堪えないものがあります。

 要するにintelの焦燥というものが良く見えてくる、しかもそれは自らが引き起こした一種の悲喜劇に過ぎません。

まとめ的に

 何やらまとまりの無いことを綴っているのかも知れませんが、かつてはWintelと呼ばれ、ソフトとハードの両巨頭といった巨大両社が、ここへ来て、明暗を分けたような動きになっていることは非常に興味深いことだと思います。

 昨年の秋AppleのM1チップの市場投入から、この動きが始まったように思います。まさにゲームチャンジャーと呼ぶに相応しい出来事だと思います。Wintelも巻き込んこの波紋は今後より広がっていくことと思います。

 この記事が皆さんの何かのお役に立てば幸いに思います。