杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

Apple TVの画面をスクショする方法

 こんにちは杉本屋です。

Apple TVのスクリーンセーバーの静止画が欲しかった

 今回は、Apple TV使っていて、時折流れる空撮系のスクリーンセーバーが大層美しかったので、それをiPadやMacの壁紙用に使いたくなり、多少の興味もありちょっとやってみた、という内容です。

f:id:sanseidow21:20200826201632p:plain

Apple TV ホーム画面

▼筆者が欲しかったのは、だいたいこんなやつですね。f:id:sanseidow21:20200826115021p:plain

準備するもの&こと

 Apple TVの画面をスクショするには、まずは以下の物と事が必要です。

  1. Apple TV(当たり前ですが…)
  2. QuickTime PlayerがインストールされたMac
  3. QuickTime Playerに画面所得の許可を与えておくf:id:sanseidow21:20200826084545j:plain

1.のApple TVについては何の説明も要らないと思いますので割愛します。

2.のQuickTimeもMacを普通に使っていれば意識せずともインストールされていると思いますので、これも割愛します。次に、

3.ですが、下の画像のようにMacの「システム環境設定」→「セキュリティとプライバシー」→「プライバシー」へと進み「画面収録」の欄を表示させます。

f:id:sanseidow21:20200826123433p:plain

▼下のような画面になったら、QuickTime PlayerにチェックをつければOKです。

f:id:sanseidow21:20200826091919p:plain

実際にやると

▼QuickTime Playerを「アプリケーション」から起動し

f:id:sanseidow21:20200826115506p:plain

▼新規ムービー収録をクリックします。

f:id:sanseidow21:20200826115653p:plain

▼はじめての方は、AirPlayのいわばApple TVとMacとのペアリングが必要となるので、以下のような画面がApple TV側に出ます。

f:id:sanseidow21:20200826120125p:plain

▼今度はMac側に上の4桁のコードを入力すればペアリング終了です。

f:id:sanseidow21:20200826120241p:plain

▼さて、話が前後したかも知れませんが「新規ムービー収録」を押した後は、Mac側がこの画面になるので、真ん中の録画ボタンの右横にある「∨」を押します。

f:id:sanseidow21:20200826120042p:plain

▼人よって違うかも知れませんが、普通なら「Apple TV」と出ているので、それをクリックして下さい。

f:id:sanseidow21:20200826120702p:plain

▼これでMacのQuickTime PlayerにApple TVの画面がそっくりそのまま表示されるので、あとはMac側で、いつものようにShift+Command+5キーやShift+Command+3キーなどを押してスクリーンショットを撮影すればOKです。

 余談ながら、この状態になるとApple TV側は画面が赤く縁取られるようになります。

f:id:sanseidow21:20200826121444j:plain

・左 Apple TVの画面 ・右 MacのQuickPlayerの画面

▼下は、実際にスクショした画像ですが「AirPlay」の文字列が出ている間は当然ながら、そのままスクショされます。これではちょっと困りますね。

f:id:sanseidow21:20200826121815p:plain

▼こうなるのは「会議室のディスプレイ」が「オン」になっているからなので、回避するには「オフ」にするだけです。

 まずはApple TVの「設定」から「AirPlayとHomeKit」に入ります。

f:id:sanseidow21:20200826202014p:plain

▼そして画面のように会議室のディスプレイを「オフ」にして下さい。

f:id:sanseidow21:20200826202049p:plain

▼くどいようですが、以下のように。

f:id:sanseidow21:20200826202122p:plain

 これで、スクリーンセーバーからテロップを消すことができます。
 取るに足らない話で恐縮ですが、少しでも皆さんのお役立てれば嬉しく思います。

 最後までお読み頂き有難うございました。