杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

Apple 発表会第2弾! 悩ましいiPad Air 4発売か?

Apple 発表会第2弾!悩ましい iPad Air 4発売か?

 日本時間10月14日午前2時、Apple公式サイトで、この秋2回目の発表があることは皆さんご存知のことと思います。この発表会では、まずはiPhone 12の発表があることと思います。

 そしてiPad Air 4が同日発売となるのか、あるいは単に発売日が発表となるのか、という、まあどうでも良いような話しになると思いますが、どっちにしろひどく勿体をつけている感はあります。

 筆者の関心は、電話機であるiPhoneにはなく、iPadにありますので、以下iPadについて述べていきたいと思います。

f:id:sanseidow21:20201013093710p:plain

 

iPad Air 4の悩ましさとはf:id:sanseidow21:20201013093634p:plain

 ホームボタンが廃止されフルスクリーンモデルとなったiPad Air(第4世代)ですが、やはり実に悩ましいモデルだと思います。

10.9インチという謎のサイズ

 なぜなら、画面の大きさも10.9インチという訳の分からない謎なサイズで、これは単にiPad Proとの差別化でなされただけのように思われます。すっきりと11インチにしろ、と思うのは筆者だけでしょうか。

60Hzというリフレッシュレート

 一秒間に画面の書き換えを行う速度が、Proとは違い60Hzしかありません。これはApple Pencilの書き心地に大きく関係してくるところなので、Apple Pencil(第2世代)に対応したと言っても首をひねります。簡単にいえば、これも差別化の一つです。

その価格

 iPad Air 4は最安モデルで62,800円ですが、ストレージが64GBなので、Proとの差額は、ストレージを仮に同じ(128GB)にしたとしたら、16,000円程度しかありません。

 そうなると、いっそのことProを買おうか、と思ったりもします。上位モデルをも考慮に入れざるを得ないような価格設定に、Appleの巧妙さというよりも、もはや狡猾ささえ感じてしまいます。

f:id:sanseidow21:20201013094528p:plain

狡猾な差別化や価格設定の果てに

 こういう細々とした手を打っておいて、現行のiPad Proも売りながら、差が縮まったAirとの明確な差別化として、明年早々〜春あたりに、新型のミニLEDを搭載したようなメジャーアップデートされたiPad Proを投入してくるのではないかと予想できます。

 その際には価格は大幅に高くなっていることでしょう。