杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

新型iPadの発売を見込んで、先に、iPad(第7世代)をラクウルで売ってみた【後編】

 こんにちは杉本屋です。

f:id:sanseidow21:20200905133634p:plain

 今回は、現行iPad(第7世代)をソフマップの「らくらくかんたん買取ラクウル」というネットショップで処分した、という話しの続きになります。

 興味のある方は下の前編をお読み頂けると幸いです。

 

ラクウルへ送った後は

 ラクウルで申し込み手続きを取った2日後の、2020年9月3日の正午頃、クロネコヤマトが集荷に来てくれました。住んでいる場所にもよりますが早ければ(午前中の申し込みなら)翌日には集荷に来てくれると思います。

 本体の状態は、傷も汚れも無く、アクセサリ類も全部揃っていてほぼ新品同様の状態でした。

 送った後は査定完了の知らせが来るのを待つだけですが、9月4日の19時過ぎにラクウルから「査定完了。返答を求む」とのメールが届きました。

 早速ラクウルのマイページにアクセスすると以下のように「査定価格を表示中」と出ています。さていったい幾らくらいになっただろう? とクリックすると、

f:id:sanseidow21:20200905081047p:plain

満足の結果

▼以下のように参考価格の「26,000円」一杯まで出ています。しかも初回のボーナス金として有り難いことに500円付与してくれています。筆者としては十分な額だったので、ソッコーで「確認画面へ」を押しました。f:id:sanseidow21:20200905083055p:plain

▼そして画面右下部の「確定」を押します。f:id:sanseidow21:20200905083928j:plain

▼煩雑になるので、途中は割愛していますが、振込完了が出るまで画面の指示通り進んでいけば良いだけです。

 ただ、振込手数料で250円は、差し引かれるので、今回の筆者の手取りは26,250円となります。

f:id:sanseidow21:20200905134220p:plain

▼「振込完了」の指示が出ましたので、今回の取引はここで無事終了となります。f:id:sanseidow21:20200905134413p:plain

おまけとして

 なお、ラクウルでは以下のように、買取商品のジャンルは色々あるようですので、適合する不用品をお持ちの方は一度試されてみても良いかと思います。

 繰り返しますが、オークション系と違ってクレームが付くことがないのが非常に快適に感じました。 f:id:sanseidow21:20200906084852p:plain

f:id:sanseidow21:20200906084906p:plain

まとめ的に

 以上、今回は、iPadの新製品が近々出てくるだろう、という予想のもと、ラクウルというサービスを使って、現行のiPad(第7世代)を処分してみたという内容になりましたが、使ってみた感想としては、非常に簡便かつ迅速、安心して取引できたということです。

 これからも、こういう類の不用品が出た折には使ってみたいと思いました。

雑感

 こういうことで、今回iPad(第7世代)を処分した訳ですが、これは細かく直接的に言えば、iPad Proのようにはちゃんと動かない、ということがありましたが、大きく言えば、やはりまだiPadとiPadOSの作りや、それを取り巻くアプリなどの総合的な環境が、まだMacやWindowsなどのPCのようにはいかない、という根源的なところにも関わっているようにも思います。

 例えば、筆者の場合、iPadをどのように使っていたかというと、主に、メールやLINE、Twiter、FacebookなどのSNSの書込みやレス、動画の視聴、あとはKeynoteでのプレゼン(ペンが使える)、時折手書きメモを取る、くらいだった訳で、たいした用途には使っていなかったのですが、それでも「ちょっとイマイチ」だな、ということは、時折ありましたので、iPadというものはそういうものだと思って買わないと、現状では痛い目を見るのかも知れません。

 が、筆者にとって「iPadは無くても決定的には困らないが、無いと不便に感じる」存在でしたし、今後のiPadの進化にも期待して、とりあえず次に出てくるiPad Air 4を入手したいと思っています。

 この記事が皆さんのお役に少しでも立てれば幸いに思います。

 最後までお読み頂き有難うございました。