杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

Apple Pencil 第2世代購入。もどきPencilに嫌気が差して

Apple Pencil 第2世代購入。もどきPencilに嫌気が差して

f:id:sanseidow21:20201119090934j:plain

手前がApple Pencil Ⅱ 奥がもどきPencil

 今回は、過去記事でも紹介した、もどきPencilを、iPad 第7世代で使う為に購入し、しばらく使っていたものの、iPad Air 4に移行した後、結局バッタ物はバッタ物に過ぎないという結論に至り、挙句に純正のApple Pencil Ⅱを購入したという、変節漢的、愚かな内容です。

 こういう「安物買いの銭失い」的な話しも、皆さんの何かのお役立てればと思い記事にしています。もどきPencilが何故ダメなのか、純正が何故良いのか、という論にも繋がると思います。

www.sugimotoya.info

もどきPencilに何故嫌気が差したのか 

 もどきPencilが決定的にダメだったということではないのですが、簡潔にいって以下の点が挙げられます。

充電がType-Cだったこと

 マグネットでiPad本体にくっつくのは純正と同じなのですが、充電は出来ません。また、磁力も純正に比べて弱く本体から外れやすいです。

 充電はあくまでも充電器を使ってType-Cケーブルで繋いで行います。

 ある日カフェで仕事をしていて、書類にマークアップする必要に迫られて、いざ使おうとしたら電池が切れていて肝心な時に使えなかった、ということが2度ありました。また充電容量を確認する機能も方法もないので、どれくらい残っているのか分からないのです。つまり勘を働かせて充電を行わなければなりません。

 純正なら、iPad本体にくっつけてさえおけば絶対に起きないことです。 

電源スイッチが過敏過ぎる

 ペンの臀部を軽くタップするとスイッチONになる構造なのですが、これが実に過敏で少しの刺激でも動作してしまい、何か描こうとするとスイッチが切れていて、書けない、ということが頻発しストレスを感じます。

 これも純正ならあり得ません。

ダブルタップ操作しても消しゴムを出せない

 ダブルタップによる動作は何も消しゴムだけではなく、カスタマイ ズ可能ですが、純正のようにこういう高尚なことは出来ません。

 例えば下のようにGoodNote 5などでは書いていて間違った時、消しゴムツールをタップしにいかなくてはならなくなり、行来が頻発した時は結構疲れます。

 下の例は、本記事とは無関係ですが、先日買ったM1チップ搭載MacBook Airのローン返済計画のメモです。お嘲笑下さい。

f:id:sanseidow21:20201119085538j:plain

筆圧検知機能がない

 ペンの傾きは検知するのですが、筆圧は感知しないので、筆圧による強弱を付けたような文字や筆の動きなどは表現できません。

 これはさほど優先度は高くないとは思いますが、何やらつまらなさを覚えます。

f:id:sanseidow21:20201119090508j:plain

手前Apple Pencil Ⅱ ・奥もどきPencil

軸の質感が良くない

 これも優先度は低いことですが、純正は表面にマット感があり、滑りにくくしっとり手に馴染む感じがありますが、もどきPencilはテカってつるつるしていて滑りやすく出来ています。

 まとめ的に

 過去記事の結論でも言いましたが、もどきPencilでも十分使い物にはなるのですが、どうも以上列記したような細かいことで不具合や出来ないことが多く、とにかく使っていてストレスが溜まるのです。こういう、いわゆる電子筆記具は人間とマシンの触れ合う接点ですので、やはり細かいことが重要だと思います。

 実質2000円程度という価格を考えれば、十分だと言えますし、それに比して純正の高さ(税抜14500円)は群を抜いています。筆者は当初はそれもあって購入しましたが、使えば使うほど嫌気が差してきて継続使用を断念したという具合です。やはり良いものは長く付き合えるものだと痛感しました。

 ただし書ければそれで良い、という人には全く問題のない商品だと思います。

 最後までお読み頂き有難うございました。