杉本屋ブログ

Apple製品、PC、タブレット、スマホ、ガジェット、文具、などのレビューや感想、情報など

Apple Silicon(M1チップ)搭載Macについて思うこと

Apple Silicon(M1チップ)搭載Macについて思うこと

 日本時間11月11日、Apple Silicon(M1チップ)搭載Macが3機種登場しましたが、このM1と呼ばれるAppleの独自チップが搭載されたMacについて、思うことを少し述べてみたいと思います。今回M1チップが搭載されたのは下記3機種です。

  • Mac Book Air 13.3インチモデル
  • Mac Book Pro 13.3インチモデル
  • Mac mini

驚愕のパフォーマンスを謳うM1チップ

 これはiPad Air 4に搭載されているA14 Bionicを、Mac向けにさらにチューニングしたものとも言われていますが、Appleの発表によるとそのパフォーマンスと省電力性は驚異的です。

 詳しくはApple 公式ページをご覧頂きたいと思いますが、例えばAirだと、CPUは最大3.5倍高速、GPUが最大5倍高速とされ、しかも省電力性に優れていて、完全ファンレスでバッテリー駆動時間は最長18時間となっています。

f:id:sanseidow21:20201111051817j:plain

基準は1世代前の機種

 何倍、何倍、とAppleはしきりに高性能ぶりをアピールしていますが、その基準はいずれも1世代前の同機種と比べてのことです。

 筆者はA14 Bionicが搭載されたiPad Air 4を使っていて、パフォーマンスは確かにそうかもしれない、と素直に思いますが、筆者が多少気になっているのは、そのメモリの搭載容量です。

f:id:sanseidow21:20201111051232j:plain

メモリは16GBまで

 今回登場した、どの機種もメモリの上限は16GBまでです。

 これはM1の仕様上そうなっているようですが、この容量で、例えば4K 60fpsの重い動画編集がスムーズに出来るのでしょうか。今までのintelチップ搭載機では、Windows機でも32GBは必要だ、というのが通例、通説だったと思います。

「ユニファイドメモリ」と称する(他のデバイスでもメモリを共有させるアーキテクチャー)技術が使われていて、Soc(System on a Chip)、つまりグラボなどは搭載されず、平たく言えば、なんでもM1チップだけで始末をつけてしまうという、いわゆる統合型方式は、高効率でメモリ領域を活用可能なので、あるいは16GBもあれば十分なのだということなのでしょうか?

 筆者はここに若干の疑念と不安を覚えたりします。

動画編集の具体例として Appleの主張 

 しかしAppleは以下のように高らかに謳っています。

  • フレームレートを低下させずに、最高品質を持つ複数の4Kビデオストリームを編集したり、なめらかに再生することができます。MacBook Airでは初めてことです

 また、下図のように、Final Cut Pro による3Dタイトルのレンダリングについては、前機種から言えば、5.3倍速いとアピールしています。

f:id:sanseidow21:20201116085229j:plain

 ただ、これは本体メモリ8GBのモデルでさえそうなのか、16GBモデルでそうなのかは明らかではありません。

 しかし、こうまで言っているのだから、信じる他ないとは思いますが、さすがに初物特有のバグも考慮して、筆者は当日すぐに購入するには至りませんでした。

f:id:sanseidow21:20201111060321j:plain

iPadから類推してみて

 現行のiPad Airのメモリは4GB、またiPad Proは6GBと言われています。

 このメモリ容量で、iPad上で、

LumaFusion

LumaFusion

  • Luma Touch LLC
  • 写真/ビデオ
  • ¥3,680

apps.apple.com

 ▲を用いて4K動画を難なく編集し、素早く書き出している事例は多くあります。
 確かにOSもアプリも違いますが、基本的なアーキテクチャは同じはずですから、そこから類推してもAppleのセールストークを信用してみても良いのではないかと思えるのです。

f:id:sanseidow21:20201111060211j:plain

 まとめ的に

 筆者が現在使っているMacは2014年 MIDの15インチ MacBook Proです。

 処理速度等については今だに何ら不満はないのですが、いかんせんこのモデルのキーボードがどうにも好きになれず、前々から換えたいと思っていたので、シザー式のキーボードが搭載されたMacがすぐにでも欲しいところなのですが、11月21日〜22日には、色々なYou Tuberやブロガーの方が実機をレビューしてくれることに感謝しつつ、それを待って(いささか狡猾かも知れませんが)、購入を決めても遅くはないと思っています。

 その際購入するならMac Book Airとハナから決めていますが、それは今回MacBook Proとの差別化が殆ど認められないからです。

 ともあれ今回の発表劇は、未来を見据えて新しいものを創造し、業界でイニシアチブを取っていこうとするAppleの考えが見え隠れしてくることは確かだと思いますし、それ以前に筆者のような一般人にさえ、何かエポックなことが起きてくるのではないか、と思わせるような、ある意味惑溺するような感覚と寸劇を与えてくれたことは事実だと思います。

 それがまたジョブス系譜のAppleという企業の放胆さ、面白さと魅力に繋がっているのではないでしょうか。

 最後までお読み頂き有り難うございました。

最新 Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー (第8世代)

最新 Apple iPad (10.2インチ, Wi-Fi, 32GB) - シルバー (第8世代)

  • 発売日: 2020/09/18
  • メディア: Personal Computers